女性の薄毛治療は病院を受診すべきなの?理由と自宅でできる薄毛対策

薄毛治療というと男性が行うものというイメージが強いものですが、薄毛に悩む女性は意外と多いものですよね。しかし、女性の薄毛治療で病院を受診するのは何となく気が引けてしまうという方も少なくはありません。ところが、女性の薄毛には病院を受診した方がよいものがあるということをご存知でしたか?受診した方がよい理由と、自宅でできるケアを合わせてご紹介します。

女性の薄毛の種類

女性の薄毛には大きく分けて6つの種類があります。それぞれ症状や対策が異なってくるので見極めが必要になってきます。1つ目は、分娩後脱毛症です。出産後抜け毛が増えることがありますが、それのほとんどがこの分娩後脱毛症であることが多く、たいていの場合半年ほどで抜け毛は落ち着いていき回復していきます。

これは、出産によるホルモンバランスの乱れが原因がです。2つ目は、びまん性脱毛症です。薄毛に悩んでいる女性のほとんどがこのタイプになります。老化やストレス、過度のダイエットや過剰なヘアケアなどが原因になり、多岐にわたります。

悩む人も多い薄毛のタイプですが、原因を取り除くことで回復する可能性の高いものでもあります。3つ目は、脂漏性脱毛症です。この脱毛症は皮脂の過剰分泌により起こります。また、脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)を起こすこともあるため、早めに対処する必要のある脱毛症でもあります。

食生活やシャンプー剤、洗髪方法に問題があることで起こりやすくなってしまうのです。4つ目は、粃糠性脱毛症です。この脱毛症は頭皮の環境が悪くフケがだくさん出ることでなりやすくなります。シャンプー剤や整髪料が合わない場合や、整髪料の使いすぎ、不規則な生活習慣など、フケが増える原因は様々で、ライフスタイルを見直す必要さえ出てきます。

5つ目は、牽引性脱毛症です。これは、髪の毛が長い人に多い脱毛症になります。その名の通り、ポニーテールやアップヘアなど髪の毛を引っ張るような髪型にすることが原因であり、長時間強く引っ張られるということは、頭皮にダメージを与えてしますので注意が必要です。

6つ目は、円形脱毛症です。頭髪が円形や楕円形に脱毛することが突発発症する脱毛症ですが、急激に脱毛が増えた時はこの円形脱毛症を疑う必要があります。円形脱毛症というと頭髪の脱毛のイメージが強いですが、重症化することで全身の毛が抜けることもあります。

また、1~3か所程度の主に頭皮に起こる脱毛を単発型円形脱毛症、複数個所の脱毛を何度も繰り返す多発型円形脱毛症とがあり、多発型になると脱毛部位が広くなってしまうことがあるので注意が必要です。

病院を受診するべき薄毛とは?

薄毛にも様々な種類があることを説明しましたが、病院を受診する必要がある薄毛もなかには存在するのです。分娩後脱毛症などは授乳が終わるころになると自然と落ち着いてくるものなので特に受診の必要はありませんが、明らかに頭皮に異常が起こっているような脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症などは受診の必要があるといっていいでしょう。

また、円形脱毛症も悪化の可能性があるので、放置することは得策ではありません。医師の診察を受けることをおすすめします。その他にも、びまん性脱毛症もあまりに抜け毛が多いなど受診した方がよい場合もあります。また、原因も多岐ににわたるために、甲状腺の病気や内臓疾患が影に隠れている可能性もあります。

心配な場合は病院を受診するべきといえます。この場合薄毛治療ではなく、元となる病気の治療になりますが、病気が治ることで薄毛も改善していきます。

何科を受診すれば薄毛治療できるの?

薄毛の治療のために受診すべきかは薄毛の原因が何かということで変わってきます。頭皮にフケやかぶれかゆみなどの症状がある場合は皮膚科を受診します。また、薄毛治療を行っている皮膚科もあるので、頭皮に異常のない場合の薄毛でも皮膚科で治療できる場合があります。

妊娠中や産後、生理不順などホルモンの乱れが原因であることが考えられる場合には、産婦人科の受診をおすすめします。また、ストレスも薄毛の原因の一つです。強いストレスが原因で薄毛になってしまった場合、心理的要因の解決が必要になってきます。

そのため、まずは精神科に受診する必要があるといえます。他にも、抜け毛以外にも倦怠感などの全身の症状がある場合、内臓疾患や甲状腺疾患の可能性も考えられますので、内科の受診をしなくてはいけません。薄毛の原因を治療することが、薄毛治療につながっていくことにもなります。

合わせて読む:クリニックでも安心できない!薄毛治療の詐欺を見抜く方法

期間と費用はどのくらかかるの?

薄毛治療を始めるときに気になることは、どのくらいの期間でどのくらいの費用がかかるのかということではないでしょうか。病院を受診して薄毛治療をした場合、原因に皮膚疾患や内臓疾患などがない限り自由診療になります。

そのため、費用は少々お高くなってしまうことは覚悟しなくてはいけません。また、自由診療であるために病院ごと、クリニックごとに費用に大きく差がある場合があります。行う治療によっても大きく費用に差が出ることもあります。

大体の平均的な治療で受診する場合の相場は、1カ月に15,000円~35,000円程度になります。

治療を始めてから効果があらわれるまでは、3カ月~6カ月ほどかかります。これは、発毛と休止の周期があるためです。そのため、治療を始めてすぐには植毛でもしない限り効果が出ないのです。

家でもできる薄毛対策ケア

薄毛のタイプによっては病院を受診して治療した方が良い場合もありますが、そこまではまだしたくないという方や、明らかな疾病がないという方もいることでしょう。そのような方向けに自宅でできる薄毛対策ケアを紹介します。

まず、重要なことはシャンプーを見直すことです。どのようなシャンプー剤を使用しているのかも薄毛対策には重要なポイントの一つです。これが原因で脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症へ繋がってしまうこともあるので、自分の頭皮に合ったシャンプー剤を使用しなくてはいけません。

中でも、アミノ酸系といわれているシャンプー剤が頭皮にやさしいとされているのでまずは、こちらに変更することを検討してください。また、シャンプーの方法でも頭皮に負担をかけてしまいます。よく予洗いを行い、すすぎは洗っている時間の倍以上かけることを意識しましょう。

コンディショナーやトリートメントのすすぎ残しも薄毛の原因になりますので、すすぎはしっかり行います。他にも、頭皮の血行を良くすることは薄毛対策にとって有効になります。頭皮マッサージを行うことで頭皮の血行は良くなります。

手で行う方法もありますが、ブラシでも手軽に行えるので毎日の習慣にしましょう。頭皮マッサージには薄毛対策のほかにも顔のシワ予防にもなるので女性にとっては一石二鳥といえるでしょう。